自分のビジネスを持ちたい女性を応援する富ぃブログ

置かれた場所で咲けなかった「ひーさん」が自分の居場所を見つけるまでの物語

サラリーマンって優秀じゃないと辛い職業だと思う

      2016/06/11

私はサラリーマンに向いてない。そう思ったのが今から10年前のこと。

 

事務職を転々としたけど、本当に仕事が嫌いで。。。

 

あーあ、このまま定年まで働くのかと思うと発狂しそうだ。どこかにふらっと逃避行できたらなあなんて妄想をしていました。

 

リストラされたら起業するしかない

 

そんな使えない奴だったせいか、リストラされました。

 

その後、技術職に就き、事務職よりはずいぶん楽しめる毎日を送りました。ただ給料が少ない、安定しない事が不安でした。

 

今は夫と起業をして暮らしています。雇われで技術職の方も細々とやってます。

 

裕福とは言えないけども、こうやって人間支え合いながら暮らせていけるんだなと昔を懐かしんでいます。

 

何であんなに合わない仕事にしがみついて頑張ってたんだろう?

 

リストラされてしがみつけるものがなくなったら気持ちが楽になりました。

 

私は本当にサラリーマンに向いてませんでした。

 

なぜなら、私は人の助けを借りながら地道にやっていくタイプの人間だから。

 

サラリーマン、しかも下っ端ともなれば人の助けは受けられない。自分でやるしかない。そのためには自分をマネージメントする力が求められます。

 

仕事は複数あるし、それぞれに締め切りもあります。

 

自分をマネージメントできるって時点で既に優秀なんですよね。

 

私はこれができなくて、仕事に凄くストレスを感じていました。

 

行動力はまあまああるけど、全てが行き当たりばったり。手当たり次第片付けようとするけど途中で行き詰まる→結果、放置した仕事が溜まっていく。。。

 

この仕事の取り組み方は今もたいして変わってません。だけど、起業すると自分で全てをやる必要がないんですね。

 

仕事上のパートナーに助けを求める事もできる。外部のサービスを利用する事もできる。問題解決の方法は無数にあります。

 

そして自分の強みに気づいてそこで勝負する事もできるんです。

 

私の場合は、あきらめの悪いところ。つまり継続性。ブログもこうして2年近く続けています。派手さは全くないけれど、コツコツと続けています。

 

それは、継続性に欠ける人をカバーできるという事。お互いの弱い部分を補い合う事ができます。

 

素晴らしいと思いませんか?ダメ社員のレッテルを貼られたとしても、ここでならやっていけそうだと思いませんか?

 

ただ、いきなり起業はおすすめしません。サラリーマンをしながらブログを立ち上げる。などの超現実的な方法で、気長に行きましょう。

 

時には自分のブログを第三者に見せてアドバイスをもらってください。粘り強くやれば必ず結果が出ます。

 - 未分類