自分のビジネスを持ちたい女性を応援する富ぃブログ

置かれた場所で咲けなかった「ひーさん」が自分の居場所を見つけるまでの物語

4人の銀行員に融資を申し込んで天国と地獄を見た話

   

私は過去に個人、会社として、4行に融資の申し込みをしました。

 

これから融資を申し込む人の参考になればと思います。

 

銀行にも慎重な人、いい加減な人がいる

 

4行に申し込んで3勝1敗でした。3勝の中にもいろいろあって、内1人とバトルもしました。

 

できる行員Aさん

ベテラン行員で無駄のない最速融資でした。負け戦は絶対しないタイプ。

 

一番最初の申し込みがAさんだったので、相手に任せとけば大丈夫だと思ってしまい後々地獄を見ることに。。。

 

慎重派の行員Bさん

 

こちらもベテラン。チビデブハゲで愛くるしい容姿。とても味のある方で、夫と私に大人気。

 

ほぼ融資が決定しても最後まで慎重に言葉を選んでいました。

 

この時も問題なく借りれました。

 

大バトルとなった行員Cさん

 

新人行員。全部相手に任せた私も悪いのですが、借換にもかかわらずまさかの借換金額を把握していなかった{(-_-)} そんなことってあるの?って思うけど、実際にあったんですよ!!

 

330万円で借換できるのに、300万円しか下りなかった。私の信用問題というより、彼が300万円あれば借換できると踏んだもの。足りない30万円どーするのよ!?

 

金利がだいぶ安くなるので私はどうにかして借りたい。でも30万円もなくなると家計は火の車。悩んだ末、30万円払い借換することに。

 

Cさんに審査に通りましたという連絡をもらいました。たぶん○日になりそうということだったので、借換先(Aさん)に日にちを連絡しました。

 

先方にも連絡したので○日にお願いしますね、と念を押した私に彼の一言が衝撃的だった。

 

「え!?もう先方に伝えたんですか?私は審査に通ったと言っただけで融資を受けられるとは一言も言ってませんよ。一次審査が通って二次審査もありますので」

 

こっちはああああー??ってなりますよ。私の勘違い、早とちりみたいになってる。。。

 

ヘナヘナってその場にうずくまりそうでした。Aさんに再度連絡をとりました。

 

そしたら、「審査が通った=融資を受けられる と思うのが普通ですよ。そんなことを言う行員がいるとは信じられないですね。日にちまで伝えておいて。賠償問題ですよ、そんなもの」とお怒り。

 

私の感違いじゃなくて、やっぱりそうだよね?と思うとCさんに対する怒りがメラメラと。あいつ〜(*`へ´*) 売り言葉に買い言葉で大バトル。

 

結局融資は受けられたものの、気まずい雰囲気になったのは言うまでもありません。

 

人はいいけど仕事ができないDさん

 

ベテランのはずなんですが、とにかく仕事が遅かった。結論から言うと2ヶ月も費やしたのに直前で融資が流れた。。。

 

約束の期日を守れない時点で私がしっかりすべきだったと今となっては反省しています。

 

大幅に期日は遅れたものの、300万円の融資は受けられることになりました。それが、今日から500万円の融資を受けられるようになったとDさんに言われ、そちらも並行して申し込むことに。

 

最悪300万円は受けられますから。と言われて安心してました。

 

ところが、保証会社とDさんの間でトラブルが。なんと、300万円の融資まで流れたのでした。

 

推測するに、Dさんはノルマを達成するために賭けに出たんだと思います。確立30%の500万円もいけるんじゃない?と。

 

私の借入額は開示しましたが、夫の借入額は聞かれなかったので報告しませんでした。そこを保証会社に突っ込まれ、先の300万円もなくなる事態に。。。

 

Dさんのせいじゃないか!聞かれたら答えたことなのに!

 

いやいや、約束の期日を守れない人だとわかった時点で早く手を打てばよかったのです。欲を出したDさんと私。結果最悪の事態に。

 

この一件で会社は倒産の危機に陥りました。身内の助けでどうにか難を逃れましたが、本当に危なかったのです。

 

行員も人間だからできる人、できない人、いろいろいます。

 

始めに「??」と思った人は決して油断してはならないということを今回の件で学びました。いい勉強になったけど冷や汗かいたわっ(♯`∧´)

 - 未分類