自分のビジネスを持ちたい女性を応援する富ぃブログ

置かれた場所で咲けなかった「ひーさん」が自分の居場所を見つけるまでの物語

テーマを絞りたいと思ってる雑多ブログ運営者へ。楽する方法。

      2016/09/29

わがままな人向けのブログの作り方

 

わがままとは、楽しくブログを書きたいけど、テーマを絞ったブログに見られる恩恵(下段の赤字のとこ)は受けたいという欲張りな人のことです。

 

自分の書きたいことをテーマを絞らずに記事を書く=雑多ブログ

 

私はこの方法でストレスフリーに楽しくブログを運営してきました。

 

しかし、雑多ブログの宿命なのか。はて?テーマを絞ったほうがいいんだろうか?という疑問に行き着きます。

 

テーマを絞ると関連記事も読まれるから、リピーターが増える、検索に強くなる。

 

…………。テーマ絞ろうかな、私。。。

 

とっても自然な流れだと思う。私も例に漏れずこの考えに至りました。

 

テーマを絞ると書けなくなる( ;´Д`)

 

テーマを絞れるほどのカテゴリー分けができてない人はだいたいここで失敗します。私もそのひとり。

 

今まで自分が書きたいことを思いつきで書いてきたもんだから、テーマを絞ると途端に書けなくなる。

 

私の場合は、初心者向けにフォトショップ関連の記事を書こうと思ってました。自分も使いこなせないから、試行錯誤の末こんな使えるようになりました〜♪っていうのをブログ記事にしたかったんです。

 

お役立ち度の高いブログになるのはわかってたから、あとはやるだけ。。。

 

だけど、フォトショップを試行錯誤する時間が確保できないで今に至ります{(-_-)} PCの前に全然座れない{(-_-)}

 

ブログはiPadで好きな時間に書いてるから書けない日はなかった。しかもネタは全て自分の頭の中。

 

ブログを更新はしたい。いつしかフォトショップ記事ではなく、元の雑多ブログに戻ってました。

 

フォトショップで試行錯誤する→写真や説明をつけてブログ記事にする

 

出来ないことはないけどけっこう大変→辛い、更新できないことに焦る、義務感→更に更新ができない

 

という負のスパイラルに突入しました。

 

諦めるけどできることはする

 

私は0か100かで考えすぎでした。30や50があってもいいんじゃないかと。そもそもブログは自由じゃないかと。

 

考えた末、私が実行したことを記しておきます。

 

フォトショップ記事をたくさん書くことは諦めて、雑多ブログ続行で行くことにしました。たまーに、ごくたまーにフォトショップ記事も書いてます。

 

カテゴリー分けをしてブログをスッキリさせました。まだ途中ですが、たくさんカテゴリーのある雑多ブログになりました。

 

出来ないことは諦める→フォトショップ記事を書くこと

 

出来ることはする→カテゴリーの整理

 

悩んでる暇があったら自分にできることをしましょうということです。

 

カテゴリーを分けておくことで、別ブログに引っ越しやすく準備しておきます。

 

前に進むことで次の手が見える

 

不思議なことに、カテゴリーを整理したら次のアイデアが浮かんできたんです。

 

とりあえず進むってことが大事です。

 

これが良い選択なのか、間違った選択なのかは今はわからないけど、とりあえず進むのが正解。

 

テーマごとにブログを複数運営する→正解

 

雑多ブログでこのまま行く→正解

 

悶々としたまま雑多ブログを更新→無駄

 

ストレスを抱えながらテーマを絞ったブログを運営→無駄

 

正解はひとつではないです。悩み、不安、焦り、辛さを抱えたままブログするのは続かないし、今後の記事にも影響するのは明らかです。

 

テーマを絞ることがストレスなら今はその時期ではないのだと思いますよ。

 

できることだけやる。楽して楽しむ。常に忘れないようにしないと、凡人は頑張ることに慣れてるからついつい頑張ってしまう{(-_-)}

 

ということで、どっちでもいいから楽しんで更新できる方でってお話でした(^o^)/

 - ブログ運営