自分のビジネスを持ちたい女性を応援する富ぃブログ

置かれた場所で咲けなかった「ひーさん」が自分の居場所を見つけるまでの物語

今暗い気持ちで社会人生活を送っている人へ

   

今から15年ほど前、私はなんとも暗い気持ちでOL生活をしていました。

 

職場が無駄に遠かったので、朝5時30分に起きて、7時前の電車に乗って。運が良ければ座れるし、そうでなければ1時間近く立ってました。眠い、体重い。。。

 

会社の仕事も面白くない。今考えると私に一番適性のない事務職でした。

 

私は物を片付けられない人なので、書類がどんどん溜まるんです。毎日、探し物や片付けに時間を取られる。この書類は捨てていい?もういっそのこと全部捨てたい。というか仕事辞めたい。

 

だけど、やっと決まった就職先。またあの辛い就職活動をする気力もない。

 

なかなか勇気が出なくて辞められなかった。

 

あれから15年。こんなにも生活が変わってしまうものかと驚いている。

 

職歴を要約すると

 

事務職を辞める→派遣社員として働く→正社員として再び事務職→リストラされる→ボディーセラピストとして働く→結婚→セラピストとして働きながら起業する

 

リストラされるまでの事務職は暗黒時代でした{(-_-)} やっぱり私事務職向いてなかったってことに後で気づきました。

 

転機はボディーセラピストになったこと。お客さんの身体をほぐすお仕事です。研修楽しかったなあ(^o^) 世の中には私が楽しめる仕事があるんだって嬉しくなりました。

 

片付けの苦手な私でも、この仕事はできました。基本残業はないし、書類も溜まらない。探し物で時間も取られない。

 

会社の人間関係はあんまりよくなかったです。私が内向的なもので。。。人と打ち解けられない人なんです{(-_-)}

 

もちろんお客さんとの関係もそんな感じでした。私は絶望的に人の顔を覚えられないです{(-_-)}たまに、なぜか、私のことを気に入ってくれる人もいましたが、接客業には向いてません。

 

事務職よりは接客業の方が向いている、その程度です。

 

好きな仕事ではあるけども、結果を出せず会社に居づらくなりました。違う理由をつけて辞めたけど、私の中ではこれもダメだったか〜という思いが残りました。

 

生活のために今もこの仕事は続けてます。今の職場はそこまで結果を求めないので精神的に楽です。ただ、この仕事は向いてない、もっと違った関わりを持った方がいいのかな?という気持ちです。

 

夫とふたりで起業した事業は、まだ何も活動していないので、向いてる向いてないはよくわかりません。これからどうなるかも全く予想できません。

 

私が向いてるなあと思うのは今のところブログだけ。現時点では仕事というよりは趣味ですけど。。

 

こうして書き綴ること、ひとりきりの時間が大好きだし、書くと心もスッキリする。今までの記憶を辿りながら、あんなこともあった、こんなこともあったと思い出しては書くことが静かな喜びになっている。

 

変わり者でも気にしない

 

以前は変わり者であることを気にしてました。特に学生の頃は。

 

変わり者だと生きづらいことが多いです。学校でも職場でも。

 

だけど、ブログを書くことで私だけの世界が開かれて、そこにいてもいいんだと思えた。変わり者が集まった世界。だから自分が変わり者であることを気にすることがなくなった。これでいいんだと思える居心地のよい世界。

 

自分が望めば人と繋がることもできるし、距離を置くこともできる世界。なんて素晴らしいんだ〜\(^o^)/ なんてことを考えながら職場でこうしてブログを書いている。

 

15年前の私、仕事の出来なさが辛すぎて、先のことを考えると苦しくて、よく悩んだり泣いたりしてたけど、今の私は平和な気持ちでいるよ。と伝えたいです。

 - 未分類