自分のビジネスを持ちたい女性を応援する富ぃブログ

置かれた場所で咲けなかった「ひーさん」が自分の居場所を見つけるまでの物語

私の健康哲学を披露したら引かれた話

   

私は健康に気を遣い、自分なりの健康哲学を持っています。

 

だから人とちょっと、いや大幅に考えがずれていることもよくあります。

 

健康診断を頑なに拒む私

 

毎年恒例の健康診断がやってきましたが、私は受けません。費用は事業主負担なのでみんなは受けるようですが、私は受けない選択をしました。

 

「タダなんだし受けたらいいのに。一度は診てもらったほうがいいよ」と言われますが、面倒だし気乗りしないので受けません。

 

最近は健康番組も増えているからみんなもいろんなことを知るようになりました。肝臓の数値のガンマがどうちゃー、こうちゃー。

 

あの数値って変だと思いません?時代とともに移り変わる数値。ほんの30年前まで高血圧の基準値は180だったんですよ。

 

どんどんみんなの恐怖を煽る医療の世界。煽られても動じない気持ちを持つには、自分の健康哲学を持つしかないと本気で思っています。

 

哲学は変わってもいいんですよ。自分が納得いくものはどんどん取り入れながら変化しています。

 

で、私の健康哲学とは①食うな②動け。それだけです。あんまり食べずに、こまめに動け。

 

食べ過ぎは万病の元というのはけっこう知られてます。こまめに動くのは、運動というよりは日常生活でのちょっとしたことです。

 

ごろ寝の習慣を辞めるのもそうだし、掃除や片付けなど面倒くさがらずにやろうという気持ちです。

 

「あれ取ってきて」って言われて、子供の頃みたいにダッシュで取りに行く自分になりたい。

 

子供の頃ってなんであんなんだったんだろ?今は頼み事されたら(自分で取ってこいよ)って思う自分がいる。。。残念な人です(-_-)

 

何が言いたいのかというと、日頃動かない人、食べまくる人がすることは、健康診断を受けることじゃなくて日頃の生活を改善することじゃないのかって話です。

 

健康って測るものじゃなくて感じるものだと思うんですよね。の一言で同僚に完全に引かれてた私です(-_-)

 - 未分類