自分のビジネスを持ちたい女性を応援する富ぃブログ

置かれた場所で咲けなかった「ひーさん」が自分の居場所を見つけるまでの物語

銀行マンとの喧嘩でアンタッチャブルな存在になった私

   

田舎の地方銀行員とケンカした過去を持つひーさんです。

 

今日はその後のお話です。

 

あの言い方は大人気なかったとお互い謝りましたけどね、それは表面上の話です。

 

たぶんその行員は職場の人たちに事の次第を伝えた模様です。まあ普通言いますよね。

 

その日以来私はその支店でアンタッチャブルな客となったのでしたヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

 

私がそう思った理由3つ。たぶん気のせいではありません。

 

①私がその支店に出向いた時、他の男性行員にチラ見されてニヤッとされて感じ悪かったです。あ〜、あれが例の客ね、って感じですよ。

 

②私がいる時、女性行員が頑張れ!という感じの目配せをその男性行員にしてました。何がファイト!だよっ!!

 

③自動ドアが開いた時にその男性行員と目が合いました。苦笑いの会釈でお出迎えです。まあ、そうなるわな。

 

気まずくなっても付き合い続けるのが銀行と零細企業ってもんです。

 

こんな付き合いになるとは思わずに、言いたいことを言いましたねえ。。。だからと言ってあのケンカを後悔はしていません。

 

言いたいことをある程度は我慢するけど、超えた時ははっきり言うのもアリだと思います。その後の尻拭いは自分でする覚悟で。

 

早く銀行のお世話にならないくらい会社を成長させたいな。

 

悔しい思いは絶対忘れてはいけない

 

嫌な思い出は忘れなさいって言う人もいるけど、私は忘れないことが大事だと思うんですよ。

 

今ブログを一生懸命書いてるのも、リストラされて悔しくて悲しくて、もうあんな思いはしたくないって気持ちが原動力になっています。

 

学校でのイジメ、職場でのパワハラなど嫌なことって忘れられないし、忘れる必要もないです。

 

私もこんなケンカして、支店に行くとこんなアンタッチャブルな対応ですけど、それでいいんです。

 

絶対ここから抜け出してみせる!あいつら今に見てろよ!!

 

普段こんなに怒る事ってないですよね?だからこの気持ちは大切にしてほしい。相手を殴るとかって手段ではなくてね。

 

人はすぐ悔しい気持ちも忘れてしまうから事あるごとに思い出して、自分を奮い立たせましょう。

 - 未分類