自分のビジネスを持ちたい女性を応援する富ぃブログ

置かれた場所で咲けなかった「ひーさん」が自分の居場所を見つけるまでの物語

夢を追いかけ続ける人に酷いこと言うのは普通のことです

   

もうすぐ40でも夢を追いかけ続けるひーさんです。
夢は何歳からでも追いかけられます。本人が諦めなければ。

 

ちなみに私の夢は、会社に行かずに年収500万円以上。

 

そんなあなたのことを周囲の人間はとやかく言います。でもめげないでください。というより間に受けないでください。普通のことですから。

 

親から反対される

 

人間は良くも悪くも染まりやすいです。雑音のある環境から距離を置きましょう。

 

私は親に言われましたよ、ハッキリと。

 

いい歳していつまで夢を見てるの?もう諦めなさいと。

 

夫と起業しましたが、1年目は赤字でした。資金繰りが大変で親に借金を申し込んだ時に言われた一言です。

 

もちろん借金は見事に断られました。親の愛ですね。

 

サラリーマン家庭なので、起業すること自体信じられないようです。真面目に働けばそんなリスキーな人生を歩まなくていいのに、何考えてんだ、こいつはという気持ちなんでしょう。

 

私は今は、サラリーマンと会社役員の二足のわらじを履いています。

 

サラリーマンの方は真面目に働いているけど月に12万円です。十分リスキーな人生だと思いますけど。。。ちなみに前の会社はクビになりました。真面目に働いてもリスキーな時代になったということです。

 

会社役員の方は、儲かってないので1年目は役員報酬なしでした。

 

親からは集中砲火のようにいろいろ言われましたね。普通ですよ、このくらい。それほど愛されてるんだと思いましょう。事業に失敗して落ち込む我が子を見たくない気持ちはわかります。

 

ただ、私の場合は親から離れて暮らしているのが良かったと思えるところです。集中砲火もたまーにですしね。

 

これが同居だったら諦めざるを得ないところまで行ってたと思います。毎日毎日、夢を諦めろ、お前にはできない、借金地獄になるぞなんて言われた日には、ねえ。

 

だから、親にバレないくらい小さく始めるのがいいでしょう。

 

うちの場合は、夫がリアルビジネスを始めたのでそうもいかなかったけど、私一人だったら細々とブログで個人事業主でやりながらサラリーマンしてたと思います。

 

夢を追うことを諦めた人から嫉妬される

 

親の反対は愛情の裏返しです。

 

それとは別に、夢が叶わなかった、自分を最後まで信じきれず妥協した人からも酷いことを言われます。

 

夢に挑戦できることへの嫉妬、馬鹿なことやってるなという優越感、俺もやってみたけどダメだっただからお前もやめとけ、いろんな感情が絡んでいます。

 

スルーするか、できない人は最初から夢を教えないことです。

 

私は言わずにいられないタイプです。応援してくれたら嬉しいし、反対されることも嫌ではないです。

 

私は悔しい気持ちをエネルギーに変えるタイプです。

 

ブログを馬鹿にされた話

 

できるできる、きっとできる。自分を励ましましょう。実際励ましてくれる人とだけ付き合いましょう。

 

周りにそんな人がいないなら本の世界でもいいし、youtubeでもいい。

 

とにかくできる。そう思ってたら本当に出来ましたっていつ報告できるかな?楽しみです(=´∀`)人(´∀`=)

 - 未分類