自分のビジネスを持ちたい女性を応援する富ぃブログ

置かれた場所で咲けなかった「ひーさん」が自分の居場所を見つけるまでの物語

融資に必要な「事業計画書」を書いたメモ

      2016/12/29

事業計画書は何通か書きました。各金融機関によって微妙に違いますが大体は一緒です。

 

事業内容と現状を記入。

 

前期、今期、来期以降の損益と貸借(簡易なもの)の数字を記入します。

 

過去、現在、未来の数字です。今回もらった事業計画は5期先まで書く欄があって戸惑いました。

 

5年後の数字なんてわからんよ。。。って適当になった。

 

で、定量目標って何??調べると、数値化できる目標って意味だそうです。

 

売上高100を倍の200にする。契約数10を倍の20にする。って目標のことです。

 

定量目標 + 行動計画

 

はどのフォーマットにもあります。行動計画も、目標を達成させるための具体的な行動を書いて、相手に納得してもらう必要が出てきます。

 

これを書くまで考えてなかったし。。。この事業計画はコピーして大事に取っておきましょうね。

 

やっと役に立った簿記の資格

 

簿記検定の資格を持ってて良かったと思いました。

 

その知識がなかったら損益、貸借とか書けなかったと思う。゚(゚´Д`゚)゚

 

損益は簡単だけど、貸借がね。。。

 

大まかな流れがわかると書けるけど、わからないとまったく書けない。

 

この数字の意味がわからないって人は自力で勉強しようとせずに、わかる人に必要なことだけ聞いた方が早いと思う。

 

必要なことだけってのがポイントです。深く知ろうとするとドツボにはまるので注意です。

 

あ、このブログで簿記講座するってのもいいですね。

 

素人に毛が生えたひーさんが教える簿記講座始めます

 

私は要領悪くてけっこう簿記にアレルギーあります。そんなんだから初心者に教えられるかもって思いました。

 

教えることで自分の知識も深まるし。一石二鳥ですね。

 

簿記講座といっても、簡単な話なので2〜3回くらいで終了ですが、事業計画書の書き方で悩んでいる人の参考になればと思います。

 

簿記を一から説明するんじゃなくて、必要なことだけをします。

 

やっているうちに体感できると思います。ここまで読んでくれてるってことは、個人事業主か経営者でしょうから。

 

知識と実践の両方を知ってると強いです。私は経理の仕事をしてきたのでそれなりの知識はつきましたが、実践ってまた全然違うんですよね。。。

 

零細企業ながら税理士さんにお世話になって無事1期目の決算も終えました。思ったより赤字が少なかったです。役員報酬が少ないってのが大きいですが。。。

 

決算書ってまったく面白くないって思ってたけど、自分の会社になるとまた違います。

 

数字を見ながらこの1年の思い出に浸れるほどです。

 

税理士さんに教えてもらったことや、うちのような零細企業ではこんなことしてるよって記事をどんどん書いていきます٩( ‘ω’ )و

 - 零細企業の日常