自分のビジネスを持ちたい女性を応援する富ぃブログ

置かれた場所で咲けなかった「ひーさん」が自分の居場所を見つけるまでの物語

ブログで『人の役に立つ記事を書く』という落とし穴

   

ブログ記事を書く上で意識しないといけないのは

 

人の役に立つ記事

 

というのはブログ運営者なら誰でも聞いたことがあると思います。

 

確かに、芸能人でもない私たちが日記のような文章を書いても誰も読んでくれないでしょう。

 

だからと言って、真面目すぎる私のような人はそこを深く考える必要はないと思います。

 

頭の片隅に置いておくくらいのゆるい気持ちでいきましょう。記事投稿画面を見つめながら、人の役に立つ記事ーーーなんて唸ってるならなおのこと忘れた方がいいです。

 

意識しなかったのに人気記事になった

 

役に立つっていったら大袈裟に考えすぎてしまうんですよね。

 

料理のレシピダメ、おばあちゃんの知恵袋系もダメ、観光地も自分が楽しんだだけで案内まではできないからダメ。ダメダメづくしで、最後は自分ダメみたいになってるなら深呼吸しましょう 笑

 

深く考えなくても、思いつく限りのことを記事にしてしまいましょう。

 

人の役に立つかどうかは訪問者にお任せして。

 

その方がいい結果に結びつくことが多いです。まずは記事数を増やすことに集中しましょう。

 

私の場合、「鼻のコンプレックス」が人気記事ですからね 笑

 

お役立ちなんてこれっぽっちも思ってなかった中、人気記事になりました。

 

人気が出たら関連記事を増やしていく。これがマーケティングです。アクセスアップの確実な方法です。

 

ちなみに、自分がお役立ち記事と思って書いた「ブログのカスタマイズ記事」は不発でした。。。

 

そんなもんなんです。運です、運。運であるものを考えたってしょうがないから記事書きましょう。

 

今書けることことだけに集中!

 

今の自分が無理なくできることを数やってみましょう。

 

先ほどの例で言うと、観光地を案内するなんてスケールの大きいことを書かなくていいんです。

 

記憶に残ったとこだけピックアップして書くだけ。書いてるうちに他のことも思い出したら、記事を分けて書いたらいいんです。同じことを何度言ったっていいんです。

 

前もこれ書いてたじゃんって言ってくれるような濃い読者はほとんどいませんから 笑  いたらそれは凄いことです。

 

これは楽しかったなってことを記事にして、それを読んだ人がそこに行きたくなったら十分なお役立ち記事。

 

これはないわ〜って思った腹立つこと、悲しいことなんかもいいんです。

 

事実、私のブログの人気記事に腹立つことがランクインしていますから。他人の腹立つことはみんな知りたいし、今腹を立てている人は同じ経験をした人の話を知りたいんです。

 

つまり、人のニーズなんて考えてもどこにあるかなんてわからない。

 

それを知ってる人もいるんでしょうけど、私はまだまだ人のニーズなんてわからない。

 

だから数を書く٩( ‘ω’ )و

 - ブログ運営