自分のビジネスを持ちたい女性を応援する富ぃブログ

置かれた場所で咲けなかった「ひーさん」が自分の居場所を見つけるまでの物語

会社を辞める決意ができたいろいろなこと

   

今回私が会社を辞めると決断したのはいろんな条件が重なったから。

 

ひとつでもあればそのサインなんだけど、私はこんなになるまで決断できませんでした。

 

恐怖、不安という悪魔にやられて。だけど神様はさらに条件を追加して私を決断させてくれました。

 

私稼げるかも!?

 

思い違いでも何でもいい。そう思えることは辞めるきっかけになる。

 

私はメルカリで実際に稼いで自信をつけました。実際のことだと、どんなにチキンな人でも自信が出ます。

 

引き寄せの法則のように、まだ起こってもいないことをありありと想像するなんて無茶なことはありません。

 

会社の業績がアップした

 

これはもう奇跡のようなもので、運でした。

 

自分達の頑張りだけでは知れてます。周りの人の応援があって、そして不思議な出会いと運があって業績がアップするものです。

 

もう私は肛門締め絶対辞めません。これ人に言ったらバカにされるから言わないけど、知らないと損する。ってくらい凄いのよ。

 

運を引き寄せる打出の小槌ってこれだと思う。

 

今年に入ってからいい流れが来ています( ´∀`)

 

馬の合わない同僚

 

何ヶ月に一回かは定期的に険悪になる同僚がいます。

 

今回その周期が回ってきたこともあり、職場が嫌になりました。

 

上記2つの条件がなかったら我慢してたかもしれません。

 

でも馬が合わない人っているんですもん。仲良くしようとか、理解しようとか辞めましょう。一生理解はできません。

 

雇われの給料に限界

 

上がる見込みがまずない。10万円では暮らしていけません。

 

税金滞納してます。督促バンバン来ます。

 

まず、借入金の返済が無理。毎月、毎月奇跡的なイベントで乗り切ってますが、根本を正した方がいいと思う。

 

根本とは、代表取締役しながら雇われてる私のことね。。。本業で食べていけない情けなさ。

 

それは能力うんぬんというより決断とか覚悟なんかの問題。覚悟を決めれば道は開けると信じよう。

 

ここまでの条件が揃えば、どんなに決断力ない人でも動けます。今動かないでいつ動く?ってくらいの条件が揃った感じだよね。

 

人がいない時にごめんけど、私会社辞めます。

 - 零細企業の日常