自分のビジネスを持ちたい女性を応援する富ぃブログ

置かれた場所で咲けなかった「ひーさん」が自分の居場所を見つけるまでの物語

士業さん選びは心してかかるように

   

そう言いながら、たまたま良い税理士さんに当たったひーさんです。

 

いやね、もしこの先生に当たってなかったら今どうなってたんだろう?って思うと、士業選びは大事だなあと思います。

 

士業とは、税理士、社会保険労務士、行政書士。など士とつく業種のことです。

 

うちのような超零細企業でも関わるのは今の所税理士さんだけです。

 

税理士が教える税理士の選び方

 

教えてもらったのは、『返事の早い人』を選びなさいということです。

 

メールの返事、問い合わせたことの返事。この返事の早い税理士は信用できると。

 

へえ。そうなのか。。。当たり前すぎて盲点かも。

 

当たり前のことをちゃんとできる人って意外と少ないのかも。

 

自分が仕事する上でも意識しないといけないとこだなあと再認識。

 

実際、うちの顧問税理士さんはめちゃくちゃ返事が早いです。忙しいにもかかわらず返事が早い!

 

そしてもうひとつ。ある程度若くて新しいことに柔軟な人。

 

クラウド会計って何ですか?とかアウトね。

 

帳面だけつけてるような人や税務以外のことは全然わからない人じゃダメってことです。コンサル業なんですから。

 

税務関係プラスアルファがないといけません。融資や補助金関係に強いとか。

 

税理士さんも、どこでもそうですけど二極化してます。意識高い税理士さんに顧問になってもらいましょう。

 

私が思う税理士の選び方

 

それは『会社経営に熱心な人』

 

うちのような会社経営初心者のような人にいろいろ教えてくれる人。

 

大先生なんてちやほやされてて偉そうなタイプは嫌だし、学者タイプも嫌だ。的外れなアドバイスは要りません。

 

誰にでもできて効果のあることを教えてもらいました。

 

その方法のひとつが、『ハガキをまめに出すこと』。お礼ハガキ、暑中見舞い、クリスマスなど何でもいいからこまめに手書きのハガキを出す。

 

即効性はないけど、1〜2年後大きく違ってきます。誰でも知ってるけど、面倒くさいという理由から誰もやりたがりません。そういうことを馬鹿にせずコツコツやれる人が最後は笑うんだと。

 

実際、ビジネスの世界でハガキを書く習慣のある人は全体の3%だそうです。。。少なっ!!

 

書くだけで上位3%に入れます。

 

そして『応援してくれる人』。これとても大切。

 

うちは先生にどれだけ助けられたことか。。。うちのサービスを受けていただき、紹介も積極的。

 

士業の何がいいって、訪問者が全員決定権のある人だからいいんです。

 

会社の従業員さんにこのサービスいいねって言われても、決定権がないことにはどうしようもないっていうのはよくある話。

 

そうやって先生のお客さん同士を知り合わせてくれる機会を設けてくれるのも嬉しいです。

 

いかがでしたでしょうか??

 

え!?うちはそんなことしてもらったことないよ!!決算の時だけちょろっと話をする程度。だとしたらもったいないです。

 

士業は一度決めたらなかなか変更しないものですが、あなたのビジネスにプラスになっていないなら変えるのもひとつの選択かと思います。

 - 零細企業の日常