自分のビジネスを持ちたい女性を応援する富ぃブログ

置かれた場所で咲けなかった「ひーさん」が自分の居場所を見つけるまでの物語

起業したらホームページはこうやって作る

   

前回はホームページ業者に騙された男性の話をフィクションで書きましたが、本当に他人事ではないです。

 

誰だって、起業後いきなりこんな形で大金を失いたくないですよね?

 

まず最初に決めること

 

ホームページの作り方の前に、ホームページを持つか持たないか決めましょう。リアルでバリバリやるって人ならフェイスブックだけするのも「有り」です。

 

ホームページを持つ場合①②のどちらでするのか先に決めましょう。

 

①名刺を渡した人が見てくれる程度のものでいい

 

②ホームページからお客さんを獲得する、商品を売る目的でがっつり取り組む

 

①の場合なら1万円〜作ってくれる人はたくさんいます。ランサーズやココナラで個人に頼めばかっこいいホームページが完成します

 

②を選ぶなら生半可な気持ちではできません。丸投げはできないということ。最初の形は作ってもらうにしても、自分でホームページ更新の仕方を学ばなくてはいけません。

 

仕事愛があればどうにかなる

 

初めは慣れないことでイライラすることもあるかと思いますが、慣れです。

 

売上を作るために根気よく取り組みましょう。

 

言うても、基本的に写真貼って記事書くだけですから。内容には悩みますけどね。

 

仕事愛があれば、多少文章が下手でもファンはつきます。

 

むしろ、味が有るくらいのホームページがいいと思います。企業のホームページってきれいだけど、内容がつまらない物が多いです。愛が感じられないです、愛が。

 

同じ業種がいいけれど、なければ違う業種でもいいので、愛のあるホームページを探しましょう。

 

文章を読み進んでしまうようなホームページを。とにかく最初は人のホームページを研究することです。

 

ホームページを作る手順

 

最初は100%満足でなくてもいいからとりあえずの物を作ってもらいましょう。

 

ワードプレスで作る、独自ドメインで作るのは基本です。作る人にそう言えばわかります。ここまではやってくださいとか言われますから、指示に従いましょう。

 

更新の仕方は、その人にお金払って教えてもらうか、YouTubeなどの動画学習がオススメ。本買って独学は時間かかるからしない方がいいです。

 

後は愛のある言葉でひたすら記事を書く。検索がメインになるので、お客さんが検索窓に打ち込みそうなキーワードをタイトルにつけることを忘れずに。

 

え、、、、、これって相当時間がかかる事なんじゃ。。。って尻込みしました?大丈夫です。

 

ネットだけの活動なら相当な時間がかかるかもしれませんが、リアルとネットの両方を活用すれば1年もかからないです。

 

お客さんの立場でホームページをチェック

 

ここで注意するのは、独りよがりの記事にならないことです。工務店なら、作業現場でおっちゃんが頑張ってる風景なんて誰も見たくないです。

 

どんな家が出来上がるのか?それは自分の理想に近いのか?いくらかかるのか?住んでる地域もカバーしてるのか?

 

そんなことが知りたいはずなので、「俺の今日の一日」みたいな記事は書かないように。頑張ってるアピールはいりません。

 

お客さんができたら、ホームページに載せる「お客様の声」をお願いできないか聞いてみましょう。

 

あなたが宣伝するより、住んでる人の声の方が説得力があります。出来上がった家の写真も見たいでしょうし。

 

とにかく、ホームページは「仕事愛」で勝負です。ってことを言いたいんです、私は(^^)

 - 零細企業の日常